自己検診のすすめ | - 乳がんについて東京都の人間ドック・婦人科検診のイーク

ご予約・お問合わせ

乳がんについて自己検診のすすめ

自分の乳房は自分で守りましょう

乳がんをいち早く発見するためには、乳房にあらわれるちょっとした変化を見逃さないことが必要です。
視診は、目で見て観察する方法です。乳房が左右対称か、変形や乳頭・乳房の皮膚に変化がないかを見ます。
触診は、指で触れ観察する方法です。

自己検診について

月経が終わってから1週間後くらいを目安に、月に1回の自己検診を習慣にしましょう。
閉経後の方は、毎月日にちを決めて続けていきましょう。

1. 鏡の前でよく見る

まず、両腕を下げた状態で左右の乳房や乳首の形を観察します。
次に両手を上に挙げ正面、側面、ななめから、左右の形の違いや皮膚に不自然なひきつれや、くぼみがないか、発疹がないか、乳首がひっこまないかを調べます。

視診のポイント

  1. 皮膚の異常:発赤や肥厚がないか、湿疹や潰瘍になっていないか。
  2. 乳頭の湿疹やびらんはないか。
  3. 乳輪の湿疹はないか(あれば皮膚炎の可能性が高い)。
2. 仰向けに寝てよくさわる。

調べる側の肩の下にタオルなどを入れて乳房が胸の上で平らになるような位置を探します。
調べる乳房側の腕は頭の方にあげ、反対の手で軽く押さえながら乳房の内側をまんべんなく触りましょう。
乳房の外側を調べる時は上げていた腕を下げて同じようにまんべんなく調べていきます。このとき、つまむように触れてしまうとしこりがあるように感じやすいので、指の腹ですべらせながら触るとよいでしょう。

3. 乳首を軽くつまむ。

お乳をしぼる要領で乳首をつまんでみましょう。分泌物などが出ないかどうかを調べます。
茶褐色もしくは、血性をともなった分泌がでる場合には、必ずイークをはじめとした乳腺外科のある医療機関におかかりください。

関連記事

乳がんは増えている

現在のところ、決定的な予防法はありません。年1回の乳がん検診を受診して早期に癌を発見することが大切です。早く発見すれば、怖いものではありません。

乳がん検査の選び方

イーク丸の内・表参道では、特別な理由がない限り35歳未満の方には超音波検査を推奨します。35歳以上の方にはマンモグラフィ検査と超音波検査の併用をお勧めします。

乳房のしくみ

乳房にはどのような役割があるのか、その中でどこに乳がんが発生するのかを説明します。

乳がんに注意が必要なタイプは?

乳がんのリスクが高い方の特徴をご紹介します。ご心配な点がありましたら、医師・スタッフにお気軽にご相談ください。

早期発見が重要視される理由

乳がんは他の癌と同じく、早期発見がとても大切な病気です。早期発見により治癒の可能性が高まる、治療の選択肢が広がることに加え、治療後の生活の質によい影響があります。

乳がん早期発見啓発活動(ピンクリボン)について

ピンクリボンとは、アメリカで生まれた乳がんの早期発見を願うシンボルマークです。

乳がん検査について

乳がん検査には、代表的な検査としてマンモグラフィ検査と乳腺超音波(エコー)検査があります。それぞれの特徴と選び方をご紹介します。

乳がん検診の受診率

ここ数年、日本での乳がん検診の受診率は向上していますが、欧米と比較するとまだ高いとは言えない状況です。

イークの乳がん検診の特徴

最新の医療機器と聖路加国際病院をはじめとした乳腺外科専門医による画像診断、検査技師による精度の高い検査を提供します。また、聖路加国際病院との医療連携による、乳がんと診断された後のサポート体制もご紹介します。

ご不明な点やご相談等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

ご予約・お問合わせ窓口はこちら

人間ドック / 婦人科検診 ご予約専用番号

丸の内・有楽町・表参道共通

0120-190-828

電話受付時間(日曜・祝日除く)
平日 9:30~17:30 / 土曜日 9:30~12:45
※9時~10時台はお電話が集中し、特につながりにくい時間帯となっております。
ご不便をおかけして誠に申し訳ございませんがつながらない場合は少しお時間をあけて再度おかけ直しいただけますようお願い申し上げます。

外来診療のご予約
丸の内

03-5220-1070

有楽町

03-5220-1087

表参道

03-6447-1561

電話受付時間(日曜・祝日除く)
平日 9:30~17:30 / 土曜日 9:30~12:45