乳房のしくみ | - 乳がんについて東京都の人間ドック・婦人科検診のイーク

ご予約・お問合わせ

乳がんについて乳房のしくみ

乳房のしくみ

乳房は出産時に乳汁を分泌する役割を持つ皮膚の付属器官です。
ここでは乳房がどのような構造になっていて、どのようにして乳がんできるのか説明していきます。

乳房は、大きくわけて乳腺と脂肪から成り立っています。
乳腺は乳汁を分泌する大事な器官でそのまわりを脂肪が包んで保護しています。授乳期には(ぶどうの房のような)小葉で乳汁をつくり、乳汁は乳腺を通り乳管洞へ溜まります。乳管洞へ溜まった乳汁は、乳児によって外部から圧力をかけられる事により乳頭から出てくる仕組みとなっています。
実はほとんどの乳がんが発生するのもこの乳腺からなのです。

乳がんの発生部位について

乳がんのほとんどは、乳腺内の枝分れした細い乳管上皮に発生します。また、乳管の末端であり小葉の一部である終末乳管や乳頭乳管開口部の上皮からも発生します。
乳管に発生したものを『乳管癌』、小葉に発生したものを『小葉癌』、乳頭開口部付近に発生したものを『パジェット(Paget)病』と呼びます。
また、初期の乳がんは乳管内にあります。乳管内のみにとどまっている乳がんを「非浸潤癌」といい、乳管をやぶって乳管内に浸潤している乳がんを「浸潤癌」といいます。

関連記事

乳がんは増えている

現在のところ、決定的な予防法はありません。年1回の乳がん検診を受診して早期に癌を発見することが大切です。早く発見すれば、怖いものではありません。

乳がん検査の選び方

イーク丸の内・表参道では、特別な理由がない限り35歳未満の方には超音波検査を推奨します。35歳以上の方にはマンモグラフィ検査と超音波検査の併用をお勧めします。

乳がんに注意が必要なタイプは?

乳がんのリスクが高い方の特徴をご紹介します。ご心配な点がありましたら、医師・スタッフにお気軽にご相談ください。

自己検診のすすめ

まずは年1回の定期的な乳がん検診が必要ですが、やはり乳がんをいち早く発見するためには、自己検診により乳房にあらわれるちょっとした変化に気が付くきっかけを作ることが大切です。

早期発見が重要視される理由

乳がんは他の癌と同じく、早期発見がとても大切な病気です。早期発見により治癒の可能性が高まる、治療の選択肢が広がることに加え、治療後の生活の質によい影響があります。

乳がん早期発見啓発活動(ピンクリボン)について

ピンクリボンとは、アメリカで生まれた乳がんの早期発見を願うシンボルマークです。

乳がん検査について

乳がん検査には、代表的な検査としてマンモグラフィ検査と乳腺超音波(エコー)検査があります。それぞれの特徴と選び方をご紹介します。

乳がん検診の受診率

ここ数年、日本での乳がん検診の受診率は向上していますが、欧米と比較するとまだ高いとは言えない状況です。

イークの乳がん検診の特徴

最新の医療機器と聖路加国際病院をはじめとした乳腺外科専門医による画像診断、検査技師による精度の高い検査を提供します。また、聖路加国際病院との医療連携による、乳がんと診断された後のサポート体制もご紹介します。

ご不明な点やご相談等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

ご予約・お問合わせ窓口はこちら

人間ドック / 婦人科検診 ご予約専用番号

丸の内・有楽町・表参道共通

0120-190-828

電話受付時間(日曜・祝日除く)
平日 9:30~17:30 / 土曜日 9:30~12:45
※9時~10時台はお電話が集中し、特につながりにくい時間帯となっております。
ご不便をおかけして誠に申し訳ございませんがつながらない場合は少しお時間をあけて再度おかけ直しいただけますようお願い申し上げます。

外来診療のご予約
丸の内

03-5220-1070

有楽町

03-5220-1087

表参道

03-6447-1561

電話受付時間(日曜・祝日除く)
平日 9:30~17:30 / 土曜日 9:30~12:45