LOX-index(ロックス・インデックス)検査 | - 検査について東京都の人間ドック・婦人科検診のイーク

ご予約・お問合わせ

LOX-index(ロックス・インデックス)検査

イーク 人間ドック・婦人科検診TOP検査 >LOX-index(ロックス・インデックス)検査

LOX-index(ロックス・インデックス)とは

LOX-index検査は、動脈硬化が原因の疾患(脳梗塞・心筋梗塞)の発症リスクを測定する血液検査です。 LOX-indexとは、血液中のLOX-1と変性LDL(さびついた悪玉コレステロール)の測定値を掛け算した値です。血管内皮障害を引きおこす原因物質(LOX-1と変性LDL)の値から動脈硬化の初期状態を検知し、将来の心筋梗塞や脳梗塞の発症リスクを判定します。

 

動脈硬化とは

動脈硬化とは、老化とともに血管の弾力性が失われて硬くなったり、日頃の生活習慣の影響で血管の内側に血栓やコレステロールがこびりついて、血液の流れが 悪くなった状態です。
動脈硬化が進行すると心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高まります。動脈硬化は自覚症状なく進行し、一旦、心筋梗塞や脳梗塞を発症するとその死亡率は高く、後遺症も残ります。
しかし、動脈硬化は生活習慣を改善することで進行をおさえることもできます。LOX-index検査の結果、脳梗塞・心筋梗塞のリスクが高いことが分かった方は、リスク回避を目指しより早い段階から予防対策をはじめて頂けます。

閉経後の女性に

閉経後の女性には、エストロゲンの欠乏にともなうさまざまな疾病がみられます。その中でも、骨粗しょう症と動脈硬化はその後の生活の質(Quality of Life)に大きく影響します。どちらも生活習慣の改善が発症の予防につながります。現在の値を知ることが、その対策のきっかけともなります。
40歳以上の方、節目のご年齢を迎えられる方など、気になる方には年一度のレディースドックの際にあわせて受けていただくことをおすすめします。

このような方にお勧めします

  • 40歳以上の方、特に閉経後の方
  • ご家族に脳梗塞・心筋梗塞にかかった方がいらっしゃる方
  • 高血圧・脂質異常症・糖尿病にかかっており動脈硬化が気になられる方など

ご注意ください

ご妊娠中の方、ご出産後半年以内の方、感染症や炎症性の疾患にかかっている方は、検査をお控えください。
本来よりも高い数値が出る可能性がございます。

費用(税抜)

LOX-index 12,000円
動脈硬化診断セット 13,500円
LOX-index検査+血管年齢検査(血圧脈波検査)