HPVってなんですか? 何歳から受ければいいですか? | 東京都の人間ドック・婦人科検診のイーク

ご予約・お問合わせ

新着情報

HPVってなんですか? 何歳から受ければいいですか?

2019/01/03

HPV(ヒトパピローマウイルス)とは性交渉により感染する子宮頸がんの原因ウィルスです。年齢に関係なく、1度でも性交経験がある方が対象となります。
HPVは性交渉の経験がある方であれば、一生のうちに1度は感染すると言われるほど身近に存在するウィルスです。感染しても自覚症状はなく、そのほとんどは感染に気付かないまま自然に体外に排除されます。
しかし、中には体外へ排除されず感染が長期化することがあります。すると、時間をかけて細胞が「がん化」し子宮頸がんとなるリスクが高まります。
子宮頸がん検査では、子宮の入口(頸部)の細胞を小さなブラシ状の器具でこすりとり、その細胞の中に悪性のものがないかを調べます。細胞の形を見る検査であり、ウィルスがいるかどうかはわかりません。HPV検査を併せて受けて頂くことで、子宮頸がんをより早期に発見できる可能性が高くなります。