マンモグラフィ検査をした結果、切開生検が必要ですといわれたのですが、良性だと傷も残ってしまうのでとても心配です。切開生検をしたほうがよいのでしょうか? | 東京都の人間ドック・婦人科検診のイーク

ご予約・お問合わせ

[2020年7月7日] イーク紀尾井町開院のおしらせ

丸の内、表参道、有楽町につづいて今夏、永田町駅・赤坂見附駅にある千代田区 紀尾井町に4号院をオープンいたします。
従来の女性専用クリニックに加え、紀尾井町ではイークで初めてメンズドック・男性健診を実施いたします。

新着情報

マンモグラフィ検査をした結果、切開生検が必要ですといわれたのですが、良性だと傷も残ってしまうのでとても心配です。切開生検をしたほうがよいのでしょうか?

2019/01/03

最近では、いきなり生検をせずに、針を刺して行う、細胞診や組織診(針生検)を行います。これは、外科的に切除する前に、針で確認する方法です。良性であれば、基本的には切除する必要がない(傷をつける必要がない)ので、過大な浸襲を避けるためです。
最近は、米国同様、針生検といって組織診を行うことが多くなっています。針生検も基本的にはどちらを行ったとしても、その方法はやはり乳腺専門医の方が心得ていると思います。まずはきちんと腫瘤に刺すことができるか、充分量の検体が取れるか、さらにきちんとした標本を提供できるかなど結構慣れを必要とすることが多いのです。また、取れた検体をきちんと診断できる病理医師、細胞検査士がいるかも大切です。