このページでは、Javascriptを使用しています

乳がんの発生要因-乳がんについて

東京の婦人科検診・人間ドックなら【イーク丸の内・表参道】
インターネットでのご予約はこちらから
  • ホーム
  • アクセス
  • サイトマップ
  • English
東京の婦人科検診・人間ドックなら【イーク丸の内・表参道】
インターネットでのご予約はこちらから

乳がんについて

乳がんとは

乳がんの発生要因

乳がんになる原因はいまだに解明されていません。しかし、いままで乳がんにかかった人の年齢や生活習慣などから、いくつかの傾向を指摘することができます。その中で、食生活と女性ホルモンの関係がかなり関係していることが分かってきました。


食生活の欧米化

乳がんにかかる人が増加している理由として、生活が豊かになるにつれて、食生活が欧米化してきたことがあげられます。特に動物性脂肪の多い食品を、幼児期のころから好んで食べるようになったことで、栄養状態がよく、 成長がはやくなってきました。結果、日本人女性の初潮が早く、閉経が遅くなってきています。つまり、生理のある期間が長くなってきたということです。生理のある期間が長くなってきたということは、女性ホルモンの活動する期間が長くなってきたということです。食生活が欧米化してきたことで、女性ホルモンの活動する期間が長くなったことが、乳がんにかかる人が増えてきている要因の一つだと考えられています。



肥満に注意

肥満と乳がんの関係は、まだ明確にされていませんが、脂肪組織には女性ホルモン(エストロゲン)を合成する酵素があります。標準体重よりも体重が重い人は、当然、脂肪量も多いため、女性ホルモンが多くつくりだされているということです。また、閉経後の方の乳がん発症の要因として肥満が大いに関係があると考えられています。先程述べたように、食生活が欧米化してきたことで、動物性脂肪の多い食品や高カロリーの食事が増え、肥満傾向になりやすくなります。乳がんに限らず、いろいろな成人病などを防ぐためにも適度な運動をおこない、『カロリーに気をつけてバランスのよい食事をとる』ということが大切です。



ライフスタイルの変化

やはり乳がんと女性ホルモンの関係は密接なつながりがあるようです。仕事を持った女性や高学歴の女性に乳がんが多いというデータがありますが、原因としては、妊娠未経験者や初産年齢が高いことで、女性ホルモン環境の変化が乳がんに影響を及ぼしているのではないかと言われています。実際、男性の乳がんにかかる確率は、女性にくらべて1%未満ですが、男性が女性ホルモンの分泌が低いためにかかりにくいとも考えられます。また、先程述べたように、初潮が早く、閉経が遅いといったことも女性ホルモンの環境の変化であることがわかります。乳がんの発生・増殖は、女性ホルモンの影響が大きいことから、乳がんは『性ホルモン依存性がん』ともいわれています。



ライフスタイルの変化

最近いくつかの乳がんに関連ある遺伝子が発見されていますが、欧米人に比べて日本人は少ないと報告されています。親、兄弟、子供に2人以上、1人でも閉経前に乳がんにかかられたり、他に卵巣癌の方がいたりと血縁者で乳がんやその他の癌にかかられた人がいる方はさらに注意が必要です。がんそのものが遺伝するというわけではなく、乳がんになりやすい体質が遺伝するためだろうと考えられています。分かりやすくいうと、生まれつき持っている遺伝子の中に、乳がんになりやすい体質をつくる要素が含まれているということです。さらに、女性は衣食住すべての環境を引き継いでいく能力(食生活のパターン・味覚・・・など)が高いため、乳がんの家族歴がある方は注意が必要です。画像診断(マンモグラフィと超音波)を使った乳がん検診を年に1回は定期的に受けた方がよろしいでしょう。



乳がんリスクファクター:危険因子


乳がんにかかる人が増えてきた理由として、日本女性のライフスタイルの変化が大きく要因していることがわかりました。食生活が欧米化してきたことにより、昔にくらべて栄養状態がよいため、初潮年齢が早く、閉経年齢が遅くなっていることや、女性が社会へ進出してきたことで、妊娠未経験者や初産年齢が高くなってきたので、女性ホルモンが活動している期間 (生理のある期間)が長くなってきたことが大きな要因として考えられています。




このページのトップへ