婦人科検診なら東京のヘルスクリニック【イーク丸の内・表参道】

IHC

インターネットでのご予約はこちらから

WEB問診はこちらから

子宮頸がんとは

「子宮頸がん」とは、子宮頸部(子宮の入口)にできるがんのことです。「子宮体がん」とは別のがんです。

子宮頸がんについて

子宮頸がんの原因

原因は、HPV(ヒトパピローマウイルス)というウイルスに持続的に感染することだと考えられています。ありふれたウイルスで一般的に性交渉で感染するとされており、多くの女性が一生に一度は感染すると言われます。
HPVに感染しても、通常は自分の免疫力で体外へ排除されます。しかし、自然に排除されず感染状態が長期間続いた場合、がんの前段階である異型細胞が増殖します。この状態が持続すると、子宮頸がんに進行するとされています。

いくつになったら検査を受ける?

子宮頸がんは20代後半から発症率が上がり始め、30代後半にピークを迎えます。それに対して日本では子宮頸がんの検査を受けている女性は、最新のデータでは42.1%であり、アメリカの84.5%に対して非常に低い数字に留まっています。(「OECD health data 2015」)
性交渉により感染するウイルス(HPV)を原因としているので、性交渉の経験があれば年齢にかかわらず早めに定期的な検査を受けることをおすすめします。


国立がん研究センターがん情報サービス

子宮頸がんの症状

子宮頸がんの症状としては出血や痛みなどがありますが、子宮頸がんの初期や前段階の状態では自覚症状はほとんどありません。また、性交渉によってウイルスに感染しますので、パートナーが変わると新たな感染の可能性があります。そのため、検査結果の異常の有無にかかわらず、定期的に検査を受けることをおすすめします。
また、異常が見つかった場合には、医師の指示に従って適切なフォローアップを受けることで早期に対処することができます。

子宮頸がんの検査方法

診察台に上がっていただき、腟内にクスコという器具を挿入して肉眼的に子宮頸部の状態を見ます。できものはできていないか、赤くなっていたり、ただれたりしていないか、おりものの状態も確認します。 次に子宮の入口を専用のブラシで擦り、細胞を採取します。この細胞を検査して病変がないかを診断します。子宮の入口には痛点がないため痛みはほとんどありませんが、腟内に器具が入りますので、人によっては違和感や抵抗があるかもしれません。

子宮頸がんの治療方法

がんが早期の場合、子宮の入口を一部切り取る「円錐切除術」を行うことが一般的です。がんがある程度進行していた場合は、病変の程度によって、子宮全体を切除する単純子宮全的術、子宮と腟、基靭帯の一部を切除する準広汎子宮全的術、更にリンパ節を含んだ広範囲を切除する広汎子宮全的術など切除する範囲が変わってきます。
また、がんの性質や年齢、妊娠出産の予定などを考慮し、化学療法や放射線治療を組み合わせることもあります。治療方針は個々に医師と相談しながら決めていくことになります。 早期にがんを発見し、円錐切除術を行うことができた場合は、生理もこれまで通り残せますし、当然、妊娠、出産もすることができます。

子宮頸がんを予防する

子宮頸がんはウイルス感染が原因であるため、ワクチンで予防できます。イーク丸の内・イーク表参道では、子宮頸がん予防ワクチンのご予約も承っております。

注)18歳未満の方の接種をご希望の際は保護者の方の同伴をお願いいたします。子宮頸がん予防ワクチンについて詳しくお知りになりたい方はこちらをご覧ください。 厚生労働省「子宮頸がん予防ワクチンQ&A」

子宮頸がん検査の結果が「要精密検査」だった方へ

子宮頸がんの検査で異常を指摘された方は、婦人科の専門外来におかかりください。自覚症状がないから、検査が痛そうだから、なんとなく恐いからなど、さまざまな理由で再検査を受ける機会をのがしてしまっている方も中にはおられるのではないでしょうか。
イーク表参道は、医師・スタッフともに全員女性です。コルポスコピー検査・組織診(生検)が必要と判断される方には外来初診日にその検査を行います。子宮頸がんの再検査・精密検査で今の状態をより詳しく知ることで、必要に応じた今後の適切な診療方針をたてることができます。

子宮頸がん検査の結果の読み方

子宮頸がん検査のClassⅢa、ASC-US、HSILとは?

これまで子宮頸がん検査の結果は、「クラス(Class)」という分類方法で表されていました。その後2008年より「ベセスダ・システム」という分類方法が導入されました。新しい分類方法により、異常の程度をより正確に伝えられるようになったと考えられています。
現在、まだその移行の時期にあたるため、現在当院では2つの分類を記載しております。
扁平上皮細胞で6段階、腺細胞で3段階に分類されます。異常なしの場合でも一年に一度の検査をお勧めします。
*癌の進行具合を表記するステージ(Stage)分類とは異なります。
下記は、Class分類とベセスダ・システム分類の比較です。

扁平上皮細胞

NILM
Class I、Class II
陰性
異常なし:1年後の定期検診をおすすめします。
ASC-US
Class II
意義不明な異型扁平上皮細胞
ハイリスクHPV検査をおすすめします。
Class IIIa
意義不明な異型扁平上皮細胞
HPV陽性の方は、コルポスコピーをおすすめします。
ASC-H
Class IIIa、Class IIIb
HSILを除外できない異型扁平上皮細胞
コルポスコピー・生検をおすすめします。 婦人科医師のコメントに従い医療機関を受診してください。
LSIL
Class IIIa
軽度扁平上皮細胞
コルポスコピー・生検をおすすめします。 婦人科医師のコメントに従い医療機関を受診してください。
HSIL
Class IIIa・IIIb・IV
高度扁平上皮細胞
コルポスコピー・生検をおすすめします。 婦人科医師のコメントに従い医療機関を受診してください。
SCC
Class V
扁平上皮癌
婦人科医師のコメントに従い医療機関を受診してください。

腺細胞

AGC
Class III
腺異形または腺痛疑い
コルポスコピー・生検をおすすめします。 婦人科医師のコメントに従い医療機関を受診してください。
AIS
ClassⅣ
上皮内腺痛
コルポスコピー・生検をおすすめします。 婦人科医師のコメントに従い医療機関を受診してください。
adenocarcinoma
ClassⅤ
腺痛
コルポスコピー・生検をおすすめします。 婦人科医師のコメントに従い医療機関を受診してください。

※コルポスコピー・生検はイーク表参道のみで行っています。

分類がASC-USの場合

まずハイリスクHPV(ヒトパピローマウイルス)の存在を確認します。その検査方法は、子宮頸部の粘液の採取です。検査を受ける方にとっては、子宮頸がん検査のときと同じ感覚のはずです。

ハイリスクHPVの検査結果が陽性の場合

ウイルスの存在が認められる場合は、次に「コルポスコピー検査」と「組織診」をおすすめします。

ハイリスクHPVの検査結果が陰性の場合

子宮頸がんを引き起こす原因となるウイルスがいない場合、子宮がん検診で「異常なし」の結果だった方と同じ扱いになります。現時点でそれ以上の精密検査は不要です。これからも年1回の子宮頸がん検査をつづけていただくことをおすすめします。

分類がASC-US以外、または分類の記載がなく再検査の指示があった場合

子宮頸がん検査で異常が出た場合、次の段階の精密検査として「コルポスコピー検査」と「組織診」を行います。このふたつの検査は通常同時に行われます。

コルポスコピー検査について

コルポスコピー検査とは、拡大鏡を用いて映し出される子宮の入口(頸部)をモニターで観察します。さらに所見を明確にする処置の後、再度観察し病変が強い場所を特定します。

組織診について

組織診では、コルポスコピーで観察をしながら所見が明らかな部分の組織を数か所つまみとります。つまみとった組織を病理検査することで診断を確定します。出血を伴いますので、検査当日は激しい運動や入浴(シャワー可)は控える必要があります。診断結果のご説明は、2週間後以降となります。

よくあるご質問

Q.コルポスコピー検査・組織検査に
痛みはありますか?
A. 個人差があります。違和感を覚えることはありますが、多くの方は痛みを感じることなく終了します。コルポスコピーで観察しながら組織を2mmほどつまみとるため、多少の違和感はあります。
Q.事前に知っておくべきこと、注意することはありますか?
A. 組織をつまみとるため検査後は少量の出血があります。検査による出血を助長させないように、検査を受けた日は激しい運動や入浴(シャワー可)、飲酒を控えていただきます。検査後にタンポンによる圧迫止血に併せて止血剤も使用しますが、出血は数日~1週間ほどつづくこともあります。
Q.子宮頸がん検査で再検査の指示があった場合、大学病院や総合病院に行ったほうがよいですか?痛みはありますか?
A. 大学病院や総合病院に主治医の先生がいらっしゃる場合は、かかりつけの病院をおすすめします。これに該当せず、また、イーク表参道の立地が通院にご不便でない場合は、以下をご参考にご検討ください。(コルポスコピー検査・組織診検査の後は、フォローアップのために3か月ごとの細胞診の検査を数年つづけていく必要があります。)

イーク表参道でうけるメリット

ご予約制のため、待ち時間が比較的短い。

ご来院からお帰りまでの所要時間:初診の方で40分程度。再診の方で30分程度。

紹介状が必須ではありません。

子宮頸部細胞診(子宮頸がん検診)の結果報告書をおもちであれば、紹介状は必要ありません。子宮頸がんの再検査をご希望でしたらお気軽にお電話ください。

子宮頸がん検診の再検査・精密検査の流れ

拡大する

※イーク表参道の子宮がん検査の再検査・精密検査の一般的な流れです。
他の医療機関様でのご案内の流れは個々にお確かめください。

ご予約について

イーク表参道 症例数

コルポ+組織診=202件(2013年4月1日~2014年3月31日/イーク表参道)