婦人科検診なら東京のヘルスクリニック【イーク丸の内・表参道】

IHC

インターネットでのご予約はこちらから

WEB問診はこちらから

乳がんについて

乳がんとは

乳がんは増えている

日本における女性の乳がん罹患率は欧米にくらべると比較的少ないとされてきました。ところが最近、日本でも乳がんの罹患率が年々増加しており、国立がん研究センターがん対策情報センター2010年の調べによると、12人に1人の女性が生涯のうちに乳がんと診断されています。(※1)

注目すべきは他のがんと比べ比較的若い世代から注意が必要な点で、罹患割合においては(※2)、30代から増加、40歳代後半から50歳代前半にピークを迎えます。そのため当院では20歳以上の方には乳がん検診をおすすめします。ただし受ければよいというものではありません。適切な検査の選び方、乳がんのリスクが高い方の特徴などを紹介します。気になる症状がある場合はもちろん、特にお母様やおばさまなど、血縁に乳がんを罹患された方がいらっしゃる場合も20代から定期的に乳がん検診を受けていただくことを強くおすすめします。乳がんは、発症件数は多いものの、早期に発見さえできればとても高い確率で命を救うことができる病気でもあるのです。不安を抱えながらそのままにするよりも、一度きちんと検査を受けていただくことが、安心への近道といえます。

年齢部位別がん羅患数割合
35歳以上・女性(2011年)

資料:国立がん研究センターがん対策情報センター
作図:医療法人社団イーク丸の内・表参道

※1※2:国立がん研究センターがん対策情報センター「がん情報サービス

今や乳がんは女性のかかる癌のトップになりました。やはり早期発見・早期治療が必要になってきました。

年齢階級別乳がん羅患の割合
(女性・人口10万対)

資料:国立がん研究センターがん対策情報センター
作図:医療法人社団イーク丸の内・表参道

部位別年齢調整羅患率(日本人口)女性

(部位別年齢調整罹患率:国立がんセンターがん対策情報センターホームページより)

性・年齢階級別にみた主な死因の構成割合(平成23年)

資料:厚生労働省

年齢別がん死亡率
(乳房・子宮・卵巣・ 2012年)

部位別年齢調整羅患率(日本人口)女性

(資料)国立がん研究センターがん対策情報センター人口動態統計によるがん死亡データ

乳がん死亡率については、20歳代後半から上昇し、60歳代でピークを迎えます。
その後若干の減少はありますが、80歳代で再び上昇します。

乳がん検査の選び方

イーク丸の内・表参道では、特別な理由がない限り35歳未満の方には超音波検査を推奨します。35歳以上の方にはマンモグラフィ検査と超音波検査の併用をおすすめします。

年齢 推奨する検査
20歳未満 乳がん検診は不要
20歳以上
34歳以下
超音波検査のみを推奨※
35歳以上 マンモグラフィ検査と超音波検査の併用を推奨
35歳未満の方に超音波検査のみをおすすめする理由

35歳未満の女性は乳腺が発達しています。35歳未満の方は

  1. 「がんを見つけにくい」…乳がん組織が発達しているためマンモグラフィでの読影がむずかしい
  2. 「がんにかかりにくい」…乳がんの罹患率が低い

という特徴があります。マンモグラフィでは悪性を疑われる所見も、その後の超音波検査や生検などにより良性と判断される、つまり結果として不必要な精密検査となることが多い傾向があります。 乳がんのリスクが一番高い年代は40代から50代です。その時期にあわせ、マンモグラフィ検査と超音波検査を組み合わせた診断で乳がんの早期発見を目指します。

乳房のしくみ

乳房は出産時に乳汁を分泌する役割を持つ皮膚の付属器官です。ここでは乳房がどのような構造になっていて、どのようにして乳がんできるのか説明していきます。

成人女性の乳房(垂直断面図)

成人女性の乳房(垂直断面図)

乳房は、大きくわけて乳腺と脂肪から成り立っています。乳腺は乳汁を分泌する大事な器官でそのまわりを脂肪が包んで保護しています。授乳期には(ぶどうの房のような)小葉で乳汁をつくり、乳汁は乳腺を通り乳管洞へ溜まります。乳管洞へ溜まった乳汁は、乳児によって外部から圧力をかけられる事により乳頭から出てくる仕組みとなっています。実はほとんどの乳がんが発生するのもこの乳腺からなのです。

乳がんの発生部位

成人女性の乳房(垂直断面図)

乳がんのほとんどは、乳腺内の枝分れした細い乳管上皮に発生します。また、乳管の末端であり小葉の一部である終末乳管や乳頭乳管開口部の上皮からも発生します。乳管に発生したものを『乳管癌』、小葉に発生したものを『小葉癌』、乳頭開口部付近に発生したものを『パジェット(Paget)病』と呼びます。また、初期の乳がんは乳管内にあります。乳管内のみにとどまっている乳がんを「非浸潤癌」といい、乳管をやぶって乳管内に浸潤している乳がんを「浸潤癌」といいます。

乳がんに注意が必要な方

下記の特徴があてはまる方は、20代や30代前半でも超音波検査に加え、マンモグラフィ検査を併用されることもご検討ください。
イーク丸の内で乳がん検診を受ける方で、ご相談を希望される方は「乳腺科カウンセリング(オプション)」の追加をご検討ください。乳腺外科の医師が当日に検査結果をお伝えし、今後のリスクにあわせた乳がん検診の受け方のアドバイスもいたします。また何か異常がある場合にはその場で説明を行い、後日の精密検査の予約を取って帰ることができます。
これにより結果報告書が届く前に治療に進むことができます(報告書は通常3週間後のお届けとなります。)

乳がんのリスクが高い方の特徴
  1. 月経のある期間が平均より長い
    ・初経年齢が11歳以下
    ・閉経年齢が55歳以上
    ・出産経験がない方
    ・初産を経験した年齢が30歳以上の方
  2. 閉経後の肥満
  3. 母親、子、姉妹など近親者に乳がんになった方がいる(遺伝性乳がんを考慮すべき状況)
  4. 避妊薬のピルや女性ホルモン剤の常用
  5. 過度な飲酒
  6. 成人期の高身長
  7. 喫煙(受動喫煙でも乳がん発症リスクが増加する可能性がある)
  8. 糖尿病

出典:日本乳癌学会 乳癌診療ガイドライン2014年版

遺伝性乳がんを考慮すべき状況とは?

乳がんを発症した方のうちの10%は遺伝性であると言われますが、それを判断するには専門家の詳しい評価が必要です。遺伝性乳がんが心配な場合は、まずは専門窓口に相談することをおすすめします。

家族性・遺伝学的因子は下記のとおりです。

  1. 癌感受性遺伝子の既知の変異を有する近親者
  2. 年齢を問わず、1人の近親者に原発性乳がんが2つ以上ある
  3. 年齢・性別を問わず、一方の家系(母方または父方)に原発性乳がん患者が2人以上いる
  4. 原発性浸潤性卵巣がんの患者がいる
  5. 第一度、または第二度近親者に、45歳以下で乳がんを発症した者がいる。
  6. 以下の既往歴、および/または家族歴が3つ以上認められる
    膵癌、前立腺癌、肉腫、副腎皮質癌、脳腫瘍、子宮内膜癌、甲状腺癌、腎癌、
    皮膚症状、および/または巨頭症、過誤腫性消化管ポリープ、またはびまん性胃癌
  7. 遺伝学的素因の頻度が高い集団に属する
  8. 男性乳癌

出典:NCCN Guidelines Version2.2015

自己検診のすすめ

自分の乳房は自分で守りましょう。

乳がんをいち早く発見するためには、乳房にあらわれるちょっとした変化を見逃さないことが必要です。視診は、目で見て観察する方法です。乳房が左右対称か、変形や乳頭・乳房の皮膚に変化がないかを見ます。
触診は、指で触れ観察する方法です。

自己検診について

月経が終わってから1週間後くらいを目安に、月に1回の自己検診を習慣にしましょう。閉経後の方は、毎月日にちを決めて続けていきましょう。

1. 鏡の前でよく見る。

Zoom 1. 鏡の前でよく見る。

まず、両腕を下げた状態で左右の乳房や乳首の形を観察します。次に両手を上に挙げ正面、側面、ななめから、左右の形の違いや皮膚に不自然なひきつれや、くぼみがないか、発疹がないか、乳首がひっこまないかを調べます。

視診のポイント

  1. 皮膚の異常:発赤や肥厚がないか、湿疹や潰瘍になっていないか。
  2. 乳頭の湿疹やびらんはないか。
  3. 乳輪の湿疹はないか(あれば皮膚炎の可能性が高い)。

2. 仰向けに寝てよくさわる。

Zoom2. 仰向けに寝てよくさわる。

調べる側の肩の下にタオルなどを入れて乳房が胸の上で平らになるような位置を探します。調べる乳房側の腕は頭の方にあげ、反対の手で軽く押さえながら乳房の内側をまんべんなく触りましょう。乳房の外側を調べる時は上げていた腕を下げて同じようにまんべんなく調べていきます。このとき、つまむように触れてしまうとしこりがあるように感じやすいので、指の腹ですべらせながら触るとよいでしょう。

3. 乳首を軽くつまむ。

Zoom3. 異常に気づいたら自己判断しない

お乳をしぼる要領で乳首をつまんでみましょう。分泌物などが出ないかどうかを調べます。
茶褐色もしくは、血性をともなった分泌がでる場合には、必ずイーク丸の内をはじめとした乳腺外科のある医療機関におかかりください。

早期発見が重要視される理由

どの病気でも早期発見できるにこしたことはありませんが、中でも乳がんは、早期発見が重要な病気のひとつです。超音波検査やマンモグラフィ検査で発見しやすく、早期発見できれば完治する可能性が高い病気だからです。

5年生存率、10年生存率という言葉をご存知ですか?

乳がんに限定せず、がん医療を評価する上で重要な指標のひとつが「5年生存率」です。「5年生存率」は治療開始から5年経過した時点で生存している人の割合を指します。

「10年生存率」とは治療開始から10年経過した時点で生存している人の割合を指します。
ただしこの中には再発せずに生存している人と再発したものの生存している人が含まれます。

「5年生存率」「10年生存率」というのは、そのがんが完全に治る可能性とは限りません。5年後、10年後に生存している割合を指しますので、亡くなった方の死因が必ずしもがんとは限りません。

乳がんは「12人に1人」と罹患率は高いものの、他のがんと比べ5年生存率が高い病気です。これは早期に発見し治療をおこなうことが重要です。

部位別5年相対生存率

2003-2005年診断例(女性、全臨床進行度)

この図からも、乳がんの5年生存率は高く、9割近い方が生きていることが分かります。

早期発見が大事な理由

乳がんは、他のがんと比べて増殖のスピードがゆっくりであるものが多いです。なかには小葉や乳管の中だけにとどまり乳管の外には拡がらないがん(非浸潤がん・乳管内がん)もあります。

増殖のスピードがゆっくりであっても、多くの乳がんは治療をせず放っておくと乳管とまわりの基底膜を破って浸潤がんになります。周囲の組織にひろがり、リンパ管からわきの下(腋窩)のリンパ節や鎖骨の上のリンパ節、あるいは血液をとおって骨、肺、肝臓などの臓器へ転移し命を脅かすこととなります。

このような事態を避けるために、できるだけ早い段階で発見し、早く治療を開始しなければなりません。

早期に発見できれば治癒できる可能性が高いことはもちろん、治療の選択の幅もひろがります。次のグラフからは、早い段階で発見して治療した場合は9割近くの人が治癒したと同じ状態になる一方、発見のきっけがなく治療が遅れた場合は10年生存率が大幅に低くなることがわかります。早期に発見し治療を開始できるかどうかが、その後のみなさまの生活や生き方に大きな影響を与えるといえます。

乳がんの進行度と10年生存率

進行度
乳がんの10年生存率(1990年治療開始)

参考:日本乳癌学会「全国乳がん患者登録調査報告書29号」より

乳がん早期発見啓発活動
(ピンクリボン)について
ピンクリボンとは

乳がん早期発見啓発活動(ピンクリボン)について

ピンクリボンとは、アメリカで生まれた乳がんの早期発見を願うシンボルマークです。 1980年代頃からアメリカでは、多くの行政や市民団体、企業などが乳がんの早期発見を啓発するためのイベントなど行ってきており、同時にピンクリボンを飾った商品を販売して収益を寄付したりする運動が積極的に行われるようになりました。
そのピンクリボン活動が大きく貢献し、年々乳がん検診受診率が高まり乳がんによる死亡率は低下したと報告されています。
乳がんは早期に発見されれば90%が治癒すると言われ、早期発見に力が注がれるようになりました。
日本でも10月を「乳がんをもっとよく知る月間」と定め、ピンクリボンとウォーキングとを絡めたイベント、東京都庁、東京タワーやスカイツリーのライトアップなど様々な啓発活動が大々的に実施されています。

2つの乳がん検査

乳がんを調べる検査として一般的なのは、マンモグラフィ検査と超音波検査です。
2つの検査にはそれぞれ長所と短所があります。

マンモグラフィ検査と乳腺超音波検査の
特徴を比較

マンモグラフィ検査

長所
触診や超音波でしこりを認めない乳がんでも石灰化、乳腺のゆがみから乳がんを発見できる。
石灰化の性状や範囲がわかる。

短所
痛みを伴うことがある。
年齢(若い人)、乳腺量の個人差により詳細な診断ができないことがある。
妊娠中、またはその可能性がある時は検査をおこなえない。

出典:患者さんのための乳がん診療ガイドライン2014年版より一部改訂

マンモグラフィ検査とは

超音波検査

長所
数ミリの小さなしこりを見つけやすい。
しこりの性状がわかりやすい。
妊娠中でも可能な検査である。

短所
細かい石灰化や性状、範囲は確認できない。

出典:患者さんのための乳がん診療ガイドライン2014年版より一部改訂

乳腺超音波(エコー)検査とは

乳がん検査の選び方

イーク丸の内・表参道では、特別な理由がない限り35歳未満の方には超音波検査を推奨します。
35歳以上の方にはマンモグラフィ検査と超音波検査の併用をおすすめします。

年齢 推奨する検査
20歳未満 乳がん検診は不要
20歳以上
34歳以下
超音波検査のみを推奨※
35歳以上 マンモグラフィ検査と超音波検査の併用を推奨

※「乳がんのリスクが高い方」の特徴があてはまる方は、35歳未満でもマンモグラフィ検査をおすすめします。

35歳未満の方に超音波検査のみをおすすめする理由

35歳未満の女性は乳腺が発達しています。マンモグラフィ検査では悪性の疾患をみつけにくい状態である一方、良性の疾患(乳がん以外の所見)を見つけやすい傾向にあります。そこで精密検査が必要と判断せざるをえないものが見つかるケースも多く、(結果的に良性の疾患だった場合には)不要な精査を受けることになるからです。

乳がんのリスクが一番高い年代は40代から50代です。その時期にあわせ、マンモグラフィ検査と超音波検査を組み合わせた検査を行い乳がんの早期発見を目指します。

マンモグラフィではなにを調べるの?

マンモグラフィは、石灰化をともなう乳がんを見つけることに優れた検査です。マンモグラフィにより撮影された画像は、乳房の脂肪組織が黒く、しこりや石灰化が白く写し出されます。これらの影が映し出された画像を乳腺科の医師が診断します。

年齢が若い方のように乳腺が発達している場合、画像が全体的に白っぽく写る傾向があります。診断に適した鮮明な画像が撮れないこともあることから、若い方が乳がん検診をうける場合はマンモグラフィ検査よりも乳腺超音波検査が適していると言えます。

マンモグラフィ検査はどうやってうけるの?

イークの場合、まずは検査着に着がえていただきます。マンモグラフィは立った状態で、乳房を片方ずつアクリルの圧迫板に挟み撮影します。左右からはさんだ方向(CC方向)と撮影台を少し斜めに傾け上下からはさんだ方向(MLO方向)、両胸を2方向ずつ撮影します。乳房をできるだけ平らになるよう圧迫することで、より少ないエックス線で撮影できるようになります。また、乳房の中をより詳しく調べられるようになります。

もし、しこりが明らかな場合はしこりを中心として、詳細に撮影することもあります。

マンモグラフィ検査は痛いの?

マンモグラフィ検査は痛いの?

痛みを感じる方はいらっしゃいます。胸をはさみ平らにすることで、被ばく量を少なく、また診断に適した画像を撮影することができます。しかし、痛みが強い時はがまんしすぎず、検査中も無理せず遠慮なくスタッフにご相談・お声掛けください。

個人差はありますが、特にまだ若く月経の影響で胸がはっている時期の方などは、通常よりも痛みを感じやすい傾向にあるようです。

超音波検査はどうやって検査するの?

イークでは、まず検査着に着替えていただきます。ベッドに横になり乳房の上から超音波(エコー)をあてて映るしこりが、良性か悪性かを詳しくみます。超音波検査自体に痛みを伴うことは一切なく、放射線被爆の心配もありません。しこりの形、しこりの周りの状態(周辺)などが、不規則ではないか、などをたしかめます。

乳がん検診の受診率

日本ではここ数年で受診率が上がっています。しかし他国と比較するとまだ高いとは言えない状況です。

多くの先進諸国では、乳がん健診を推奨しておりアメリカでは50歳から69歳の女性の80%が受診しています。その結果、アメリカやイギリスでは乳がん発生率が増加している一方で、乳がん死亡率は減少をつづけています。
(海外では逆に過剰診断が問題視されているケースもあります。)

乳がん検診受診率の比較 全国・東京都

40歳以上・女性
資料:国立がん情報センター
作図:イーク丸の内・表参道

乳がん健診受診率 諸外国との比較

資料:日本医師会より抜粋

イークの乳がん検診の特徴
どんな先生がいるの?

イーク丸の内に勤務する医師は、聖路加国際大学病院、昭和大学病院、聖マリアンナ医科大学病院に所属する乳腺外科医で、多くは乳腺専門医の資格を保有しています。イーク表参道で乳がん検診を受ける方の画像も、イーク丸の内に勤務する乳腺外科医が診断します。

技師さんはどんな人?

イーク丸の内もイーク表参道も、超音波の技師、マンモグラフィ撮影の技師ともに全員女性です。

超音波の技師は超音波検査士認定証(体表臓器領域、健診領域)、乳房超音波講習会受講証A判定を取得している技師もおり、院内での教育・指導を担当しています。
放射線技師は、全員が日本乳癌検診精度管理中央機構(精中機構)主催のマンモグラフィ認定証を取得しています。

スタッフだけでなくマンモグラフィ撮影装置についても精中機構による施設画像認定を受けていますので安心して受診いただけます。

検診で撮影したマンモグラフィや超音波の画像はだれがみるの?

当院では、すべての画像を必ず乳腺外科医が確認、所見がある画像はまた別の乳腺外科医がチェックする2重読影体制を徹底しています。さらに所見が確認された画像は、週1回の医師や技師が集合するカンファレンスにて最終確定します。

最終確定までに何人もの目で確認する体制で乳がん検診の精度向上に取り組んでいます。

気になる症状

しこりが気になる

入浴時に体を洗っていた際に、あるいは日常生活のふとした時にしこりに気づき、当院を受診される方がいらっしゃいます。

乳房にしこりがあると”乳がんではないだろうか?”と心配になる方も多いと思いますが、検査をしてみるとしこりの多くは良性です。しかしながら、良性かどうか自己判断は禁物ですので、しこりに気づいた際には、過度に心配したり、あるいは受診を怖がって先延ばしにしたりすることなく、イーク丸の内をはじめとした乳腺外科医のもとで検査を受けてください。

一般に「しこり」と言われるものを医学的には、「腫瘤(しゅりゅう)」と呼んでいます。イークでは、マンモグラフィ(乳房専用レントゲン検査)や超音波(エコー)検査などを行い腫瘤の確認をしますが、腫瘤を診断する上で特に有用な検査は、超音波(エコー)検査です。超音波(エコー)検査は視触診では決して発見できないような5mmの大きさの腫瘤像から発見可能です。

気になる方は乳がん検診の受診をおすすめします。

乳がん検診
13,500円(税別)~

乳がんの可能性がある「石灰化」を発見するマンモグラフィ検査と、おなじく乳がんの可能性がある「しこり」を発見する乳腺エコー。この二つの検査を両方行ってこそ、必要十分な乳がん検診だと言えます。当院では、二つの検査の併用を標準検査としています。

痛みや張り感がある

痛みや張り感があるというのは、乳腺外来で多い訴えです。

痛みの理由は診察してみないとなんともいえませんが、乳がんの単独の症状と痛みが密接に関わることは少なく、生理的な変化であることが多いです。月経前に強くなり月経が始まると痛みや張り感が和らぐなどの周期性があることが、生理的な変化の特徴です。また、閉経期にも乳腺の生理的な変化がみられます。

しかし、痛いという症状だけで当院を受診されて乳がんが発見されたケースもありますのでしっかり検査をし、その原因が乳がんでないことを確認する必要があります。

そのためにはマンモグラフィ(乳房専用レントゲン検査)や超音波検査などで確認することが必要です。乳腺専門の医療機関で、マンモグラフィ(乳房専用X線装置)や乳房超音波検査を受けられることをお勧めします。

気になる方は乳がん検診の受診をおすすめします。

乳がん検診
13,500円(税別)~

分泌がある

乳頭分泌にはいろいろなタイプの分泌があります。授乳期でもないのに白色の分泌がある場合は薬剤の副作用やホルモンの影響などが考えられます。量的にわずかであれば、正常な人でも分泌はみられます。いちばん心配すべきは血性の混ざった分泌が出るときです。これは、赤かったり黒かったり、茶色だったり、黄色だったり色々です。

分泌がある

分泌が出る場合には自己判断せずに必ずイーク丸の内をはじめとした乳腺専門の医療機関を受診してください。当院の外来では、マンモグラフィ検査、超音波検査の上で、「乳頭分泌物細胞診」を行っています。分泌物をスライドガラスにつけ顕微鏡で癌細胞の有無を調べる検査です。

気になる方は乳がん検診の受診をおすすめします。

乳がん検診
13,500円(税別)~

かゆみやただれが気になる

乳頭のかゆみやただれは、乳腺外来で多い訴えです。

かゆみの理由は、さまざまで診察してみないとなんともいえませんが、乳頭部にできる難治性の湿疹でパージェット病という乳がんの種類があります。

皮膚科を受診し治療しても症状が改善しない場合、パージェット病の可能性を否定できませんので乳腺外科の受診をご検討ください。また、ただれとは別に乳頭から血性の分泌物がある場合には、必ずイーク丸の内をはじめとした乳腺専門の医療機関で検査されることをおすすめします。

いずれにせよ年1回の乳がん検診は必要と考えます。心配を抱えるよりも、しっかり検査をうけ安心しましょう。

イーク丸の内では、かゆみやただれのある部位を細かく問診し検査を行います。

バージェット病

バージェット病
乳頭、乳輪のびらん(ただれ)を伴う乳がん(パージェット病)

気になる方は乳がん検診の受診をおすすめします。

乳がん検診
13,500円(税別)~

乳がん検診は、乳がんにポイントを絞った、女性だけの健診です。

石灰化があると診断された

検診施設や医療機関で石灰化があると診断されて当院に精密検査で来院される方々がいらっしゃいますが、石灰化はしこりとは違うものなので、手で触れても分からないものが多く、マンモグラフィ検査で見つかることが多いです。

石灰化があると診断された

上記写真の通り、石灰化を診断するためには、マンモグラフィ検査が有効です。石灰化にも悪性と良性があります。「石灰化」=「乳がん」ではありません。

検診施設などで石灰化があるため要精密検査と診断された場合には、怖がらずにその石灰化が良性なのか悪性なのか的確に診断する必要があります。イーク丸の内をはじめとした乳腺外科を標榜する乳腺専門医の医療機関で診察をうけていただくことをお勧めします。

心配を抱えるよりも、しっかり検査を行い安心しましょう。

気になる方は乳がん検診の受診をおすすめします。

乳がん検診
13,500円(税別)~