婦人科検診なら東京のヘルスクリニック【イーク丸の内・表参道】"

IHC

インターネットでのご予約はこちらから

WEB問診はこちらから

婦人科検診

婦人科検診(乳がん/子宮/卵巣がん)検診

乳がん検診

子宮/卵巣がん検診

女性は男性と比べ、発見が遅れると深刻な病気に若いうちから罹りやすい傾向があります。
乳がんや子宮頸がんは20代から発症し、40代で発症のピークを向かえます。これらの病気を早期に発見するために、子宮がん検診は内診と細胞診に加えて経膣エコー検査を、乳がん検診は年齢に応じた検査をおすすめしています。
イークでは、女性の年齢とニーズに合わせて「乳がん検診」、「子宮がん・卵巣がん検診」、この両方を含む「婦人科検診」の3コースをご用意しています。また、個別のニーズに対応したオプション検査も多数ございます。
1年に1回の健診でご自身のからだをチェックし、安心を手に入れましょう。

※全身の検査をご希望の方は「人間ドック」をご検討ください。当院のドックには婦人科検診が含まれています。

乳がん検診の特徴

聖路加国際病院ブレストセンターとの提携

経膣エコーを基本検査項目に指定

イークの乳腺外科は、日本有数の治療実績を誇る聖路加国際病院・ブレストセンターと提携しており、読影/診察はすべてブレストセンター所属医師または出身医師が担当致します。
健診後、精密検査が必要になった場合には、担当医師がイークまたはブレストセンターにて検査を行います。 治療が必要な場合は、速やかにブレストセンターに紹介を致します。

乳腺外科の医師については「スタッフ紹介」をご覧ください。


高い検診精度と豊富な実績

イークは、聖路加国際病院ブレストセンター所属医師と当院の乳腺検診の 実績豊富な医療スタッフ(臨床検査技師、放射線技師、看護師)の高いスキルと、スキルを支える高性能医療機器(マンモグラフィ、超音波診断装置)により精度の高い検診を実現しています。また、5年間で55,000人の受診者様に乳がん検診を行ってきました。


乳腺科医師によるカウンセリング

ご希望の方には、乳腺科医師による検査結果の説明を含めた、カウンセリングを行うことが出来ます。(有料になります) 検査結果を早く知りたい方や、乳腺に関する相談がある方にお薦めです。

乳がん検診の詳細へ

当院が年齢によっておすすめする
乳がん検診が異なる理由について

子宮/卵巣がん検診の特徴

経膣エコーを基本検査項目に指定

経膣エコーを基本検査項目に指定

イークでは、近年30~40代の女性に増加している卵巣がんのスクリーニングのために、経膣エコーを基本検査項目にしています。卵巣は正常時で2㎝ほどの大きさしかなく、また、がんが出来ても自覚症状がないためエコーが非常に有効です。卵巣がんだけではなく、子宮筋腫、卵巣のう腫、子宮内膜症の一部なども診断することが出来ます。


液状処理細胞診(LBC法)を導入

現在の婦人科細胞診検査では、細胞をプレパラートに塗る「直接塗抹法」が主流ですが、この方法は細胞標本の仕上がりに個人差が出やすい、採取された細胞のうち 85%が無駄になってしまうなど問題点が指摘されています。 イークでは、これらの問題点を踏まえ、精度向上のために液状処理細胞診(LBC法)を導入しました。LBC法のメリットは、(1)判定精度の向上、(2)採取細胞の100%が回収される、という点が挙げられています。

オプション検査料をお求めしやすい料金に

意外と料金の負担が大きい婦人科のオプション検査。イークでは、年代ごとに発生してくる疾患や、生活習慣に合わせて検査をカスタマイズ出来るように、オ プション検査をお求めやすい料金に致しました。
例えば、子宮頸がんの原因であるヒトパピローマウイルス(HPV)の検査や、性感染症のスクリーニングを行うSTD検査などです。
その他のオプション検査は婦人科検診のオプション検査をご覧ください。

子宮/卵巣がん検診の詳細へ

▲このページのトップへ

イーク丸の内・表参道共通
人間ドック/婦人科検診 ご予約専用番号

0120-190-828

※電話番号をタップするとダイヤラーが起動します

電話受付時間(日曜・祝日除く)
平日 9:30~17:30   土曜9:30~12:45

下記の情報を伺い、
ご予約日時をその場で確定いたします。
ご希望日、コース、オプションのご希望、
個人情報(ご氏名、生年月日、お電話番号、ご住所など)

インターネットでのご予約はこちらから

お支払いについて

人間ドック、各種検診、自費診療では、以下のクレジットカードをご利用頂けます。
(Visa、American Express、MasterCard、JCB、Diners)

お支払いについて