このページでは、Javascriptを使用しています

消化器検査について-人間ドック

東京の婦人科検診・人間ドックなら【イーク丸の内・表参道】
インターネットでのご予約はこちらからWEB問診
  • 婦人科TOP
  • アクセス
  • サイトマップ
  • English
東京の婦人科検診・人間ドックなら【イーク丸の内・表参道】
インターネットでのご予約はこちらからWEB問診

消化器検査について


イークでは、上部消化管検査として上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)と上部消化管X線検査(バリウム)をご用意しております。

※ご妊娠中の方は消化器検査をお受けできません。また、キシロカインアレルギーのある方は、上部消化管内視鏡検査はお受けできません。



上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)

内視鏡(胃カメラ)で食道・胃・十二指腸の内面を観察します。炎症、潰瘍、がん、ポリープなどの診断ができます。生検(疑わしい病変の一部を切り取って、顕微鏡などで調べる検査)をすることも可能です。


上部消化管X線検査(バリウム)

造影剤(バリウム)を飲み、食道・胃・十二指腸をX線で撮影する検査です。炎症、潰瘍、がん、ポリープなどの診断ができます。


その他、イークでは以下の検査をご用意しています。
(※いずれの検査も胃がんの診断はできませんのでご注意ください。)

検査名 検査の内容、説明
ヘリコバクター・ピロリ抗体 血液検査で抗体を調べます。主に感染診断に用いられます。除菌後にも陽性を示すことがありますので、除菌後の判定には推奨しておりません。
便中ヘリコバクター・ピロリ抗原 専用のキットを使用し、便中の抗原の有無を調べます。血液検査よりも感度・特異度が高いため、除菌後の判定に推奨しています。過去のピロリ菌検査が陰性にもかかわらず萎縮性胃炎を指摘されている方の確認にも適しています。
胃がんリスク層別化検査(ABC分類) ヘリコバクター・ピロリ菌抗体とペプシノゲン法(萎縮性胃炎の程度を見る検査)の組み合わせを、A〜D群に分類し、胃がんのリスクを評価します。胃がんのリスクを層別化する検査であり、胃がん検診ではありませんので、この検査でリスクが認められた方は、内視鏡検査での精密検査が必要です。
以下に該当する方はリスクが正しく判定できかねますので、ご了承ください。
:ピロリ菌除菌後の方、消化性潰瘍の治療中の方、制酸剤を服用中の方、胃切除後の方、腎機能障害の方、免疫能低下の方、ステロイドや免疫抑制剤を服用中の方



このページのトップへ